よく耳にする【つなぎ融資】の意味を理解すれば、注文住宅が予定より早く手に入るかも、、、というお話。

よく耳にする【つなぎ融資】ってなに??

「つなぎ融資」とは、金融機関で住宅ローンの契約をしてからローンが実行されるまでの工事中の支払いなどの資金を調達するための融資のことです。

意外にこの制度を知らずに注文住宅をあきらめてしまう方が多いのでです。

住宅ローンは、建物が完成して引き渡されないとローンの実行がされないので融資が下りません。

しかし、家の建築をする際には、以下のようなお金の支払いが融資前に必要となります。

  • 土地の購入費用
  • 工事の契約時必要となる契約金(手付金):工事費全額の10%程度の額
  • 着工金(着工時の地鎮祭費用なども含む):工事費全額の30%程度の額
  • 上棟時に必要となる中間金:工事費全体の30%程度の額

契約をしてから住宅ローンが実行されるまでに工事費全額の約7割を先に支払うということ算段となります。

住宅ローンを組んで注文住宅を建てる場合に心配なのが、建物の工事中に建設会社に支払う費用です。

しかしつなぎ融資を使えば、建物が完成して住宅ローンが実行されるまでの間に支払うこれらの費用を工面することが出来ます。

よって、費用負担を軽くすることができるといえます。

 

 

【つなぎ融資のメリット】

つなぎ融資のメリットとしてあげられるのは、自己資金が少なかったとしても、注文住宅が建てられるという点です。

建築工事中に支払う費用の準備ができなければ、住宅ローンを活用して購入できるのは、すでに建物が完成している建売やマンションに限られてしまいます。

しかし、つなぎ融資を使えば、まだ建物が完成していない注文住宅でも住宅ローンを利用して建てられるようになります。

【つなぎ融資のデメリット】

一方、つなぎ融資のデメリットとしてあげられるのが、金利が高い点、そして住宅ローンとは別に融資の事務手続きや事務手数料などが必要になる点です。

つなぎ融資の金利は一般的に約2〜3%台と高めになっているのが現状です。

またつなぎ融資を受ければ、住宅ローンの融資が実行されて、

つなぎ融資分を全額返済するまで、その金利での利息を支払わなければなりません。

 

いかがでしたか?個人的にはです。

原油価格の高騰による輸送費のアップ

ウッドショックの影響での木材の高騰

4月にに落ち着くというな話も耳にしますが、、、

このままだと原価高騰分がお客様に行ってします、、、とのことで、、

住宅の購入は急いだほうが良いかと思います。

もうここから目指すは年内引渡しです。

(意外に時間がありません。)

清潔感重視のパウダールーム

洗濯機の上の収納もとても便利との声です。

洗濯機のフタが干渉しないようにシッカリ打合せ。

 

マークスホームについて
お客様の【好き】を形にするため独自のメソッドを駆使してお客様の【好き】を形にします。

私たちの4つのミッション
○お客様から「依頼してよかった」と喜んでいただける家造りをします。

○お客様の「自分らしさ」がつまったオンリーワンの家造りをします。

○お客様の「笑顔あふれる」幸せな家造りをします。

○お客様と「いつまでも寄り添う」家造りをします。

↓まだまだ出来たての会社ですがスタッフ一同お客様と歩む家造りをすることを楽しみにしております。

HP https://www.marks-home.co.jp/
Mail info@marks-home.co.jp
TEL 045-577-0423

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

お問い合わせフォーム
オンライン相談