フローリングについて

こんにちは。
マークスホームです。

本日は床材のご紹介!
面積が大きいのでどれを選ぶか悩みどころです。

Web上やInstagramでもフローリング施工例は沢山出てくるので、
理想に近い画像を集めてみるとイメージしやすいです。

1番人気のフローリング!

「住宅の床材といえばフローリング」がイメージされるように1番人気の床材。
そんなフローリングにもいくつか種類があります。

  • 「無垢」
    • 無垢材フローリングは丸木から切り出したままの100%天然木を使った床材。
    • 木そのものの風合いや肌触り、天然木ならではの経年劣化を楽しめます。
    • ひとつひとつの木材の表情が豊かなのも特徴。
    • 天然木であるため加工材と比べると傷がつきやすく水に弱いので注意が必要。
    • 「無垢」と聞くと高級なイメージですが木材の種類やサイズ、グレードによって価格帯も幅広。
  • 「突き板」
    • 突き板とは木材を薄くスライスした表面化粧材。主にフローリングや家具などの表面材に使用されている。
    • 無垢に比べて安価ですが、表面に使用されているのは天然の木材にため床材としては人気。
    • 天然木の風合いを感じられ、機能性と手頃な価格帯が魅力。
    • 床暖房に問題なく対応できるものが多い。
  • 「シート」
    • 樹脂など木目模様などをプリントしたシートを基材に貼り合わせた床材。
    • シートなので木目以外の大理石風など柄・色味のバリエーションが豊富。
    • 無垢、突き板と比べると安価。
    • シートなので汚れがつきにくく水が染み込みにくくお手入れが簡単。

 

床は素材、色味、模様、幅広い中から選べます。
床は面積が大きく占めるのでどの床材を選ぶかで印象ががらりと変わります。
マークスホームでは全部取扱いできますので、理想のお部屋の雰囲気や用途に合わせて一緒に選びましょう!

お問い合わせは1分で入力完了のこちらから!

お問い合わせ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

お問い合わせフォーム
オンライン相談